看護師の求人をフル活用する!

看護師の求人をフル活用し理想の内定をゲットするための方法をお伝え

看護師の転職の悩みは給与です

without comments

他の職種と同様に、看護師に給与も年齢や経験年数、働く場所によって違ってきます。
少し古いデータになるのですが、2003年度の「新卒者初任給モデル賃金」という調査があり、
国や自治体を除いた病院では平均25万2613円となっています。

これらは高校卒業3年間の養成校を経て資格を取得し、勤務は3交代制で月8回の夜勤を行うと想定した場合の月額の総支給額です。
初任給ですから、とても高級取りに思えますが、それだけ責任の重い職業ということになるのです。
実際にこの責任の重さが、転職を考えることとなり、悩みも尽きないということになるのです。

実際に転職の悩みはある程度の経験を積んだ看護師には必ず訪れるもののようです。
そして、同年代の初任給の中では群を抜いて高いと思われる看護師の給料も3年、5年、10年と経験を積んでいくと、
年齢や経験を考慮した昇給はあるものの、仕事の内容を考えると「必ずしも満足できない」というような給与となってくるのです。

このようなことも、もっと給料をもらえる病院に転職したいということを考えてしまう要因になってしまいます。
確かに民間の病院はそれぞれの給与体系がありますから、他の病院はよく見えてしまうのです。
転職の悩みは尽きないということですね。

Written by tkazuya0401

10月 15th, 2012 at 3:39 pm

看護師の夜勤の問題と求人問題

without comments

病院は年中無休の24時間体制です。
いつでも入院患者を受け入れなければいけませんし、急患も年中無休なのです。
そのようなことに応対するように、看護師の勤務形態も様々です。

日本における看護師の勤務3交代が長い間の主流でした。
しかしそれでは、看護師に負担がかかるということで、変則的な3交代制、
または、2交代制も採用されています。

試行錯誤も繰り返された結果、現在は2交代制が看護師の勤務体系にあっているということになりつつあります。
勤務がめまぐるしく変わる3交代よりも、夜勤が少なくなる2交代制のほうがしっくりくるようなのです。

この夜勤の問題は、看護師の求人問題には常に影を落とす事柄です。
看護師の仕事は夜勤ありきですから、仕方がないのですが、長く続けるなかで、夜勤を敬遠する傾向があることも事実なのです。

一度退職した看護師が、再び看護師に復帰する際は求人情報などを見て夜勤のある病院よりも、夜勤のない個人病院を好む傾向があるのは間違いありません。
とくに家庭を持つ看護師にとっては、夜勤の仕事をいれるのは家庭生活の両立を考えた倍にとても難しい問題だといえます。
夜勤についてはどうしようもなく、いつの時代でも難しい問題だといえますね。

Written by tkazuya0401

8月 21st, 2012 at 11:28 am

求人倍率と看護師と看護大学の関係

without comments

看護師になるには様々な方法があります。
結局は看護師国家試験にパスすれば看護師になれるのですが、
その過程を重視するのであれば、高校から看護大学へ進学する方法があります。

大学ですからより専門的な知識が得られ、かつ看護師の資格をとるための
単位の取得もできるのです。
大学ですから、履修期間は4年となります。
看護大学のメリットは、看護関係に他に幅広い知識と教養が身につく点です。

これは、看護師を目指す他のどのような道に比べてみても抜きんでています。
また、大学4年間に履修状況では、保健師や助産師の国家試験も受けることが
できますので、自分の可能性を広げることができます。
また、将来的により専門性の高い、「専門看護師」になることができるのは

現状では、看護大学の卒業者のみです。
昨今の医療技術の進歩はめざましく、また急激な高齢化社会への対応として
看護師に求められていることも多様化しています。
医療機関からも幅広い知識を持つ、看護大学出の看護師への期待は高く、

毎年数多くの求人があります。
その求人数に対して、看護大学の看護師の数はあまりにも少なく、
看護師はほぼ望んだ医療機関への就職を果たしています。
今の時代、望んだ就職先に100%入ることができる業種は看護師しかないでしょう。
求人倍率の高さは特筆すべきものです。

Written by tkazuya0401

7月 10th, 2012 at 11:33 am

転職には手順がある

without comments

やはり転職の手順というものを間違えてしまうと
転職に失敗することもあります。

転職する際には、
他の仕事の場合もそうですが、
看護の仕事もきちんと計画をして
転職を進めていくことが求められます。

情報誌や地域のフリーペーパーなどには
看護の仕事の求人が記載されていますが、
やはり安易に転職をするべきではありません。
それはあなたにとっても病院などにとっても痛手です。

会社が1人の長く務めた人間が去ることがどれくらいの痛みになるのか?!
ということを良く考えて転職をしましょう。

上手に転職できなかった場合には、
何度も転職を繰り返したり、
長い期間職がないままの状態になったりすることがあります。

こうした状況は、
自分自身だけでなく、
その人自身の周囲も何かと心苦しいことになってしまいます。
こうした状況では、
折角身に付けたスキルも無駄になってしまいます。

基本的には看護の仕事も職場が変わっても
仕事の内容としては変わらないところ(基本的な仕事の内容)があると思います。
そうした大切な看護のスキルを、
転職を理由に失ってしまわないようにしましょう。

常に、プロフェッショナルを目指して努力は怠れないと思います。
もちろんこれは看護の仕事に関わらず
すべての職業に当て嵌まることです。

 

Written by tkazuya0401

2月 22nd, 2012 at 6:02 pm

転職で良い職場を

without comments

終身雇用の形は変化してきて、
現在ではさまざまな働き方があります。
最近では、1つの会社にそれほど長くいるというのも
変化しつつあるのではないでしょうか。

それはきっとどのような職業にも当てはまり
看護の仕事についている方々も同じなのだろうと思います。

看護は簡単には、
人の命を救う仕事の1つですが、
自分か生きていくことも考えないとなりません。

努めている職場の仕事の環境が悪ければ転職を考えるだろうし、
長く務めている間にはスランプに陥って
働く気力というものを無くしてしまうこともあるでしょう。

やはり働いていればいろいろなことがありますから
転職したり止めたりする動機というのは皆無ではありません。

それは特定の身の上に起こることばかりでなくて、
すべての者に起こる恐れがあることでもあります。
特に人の命に係わる仕事ですからストレスもあります。
難しい仕事でもあります。

転職というのは、
きっと時には仕方がないことでもあります。

ということもあって、
それを嘆いているのではなくて、
より良く生きていくために良い転職をすればいいのです。
挽回して行けばいいのです。

そのように考えて、
転職をする方々は頑張って良い職場を見つけましょう。

 

Written by tkazuya0401

2月 21st, 2012 at 6:01 pm

自分自身も見つめ直すことが大切

without comments

転職は本人にとっては、
その会社やその仕事を辞める何らかの動機があるものだからしょうがないとしても、
やはり安易な気持ちで転職を行うべきものではありません。

その人にとっても、
その病院にとってもあまりプラスには働かないことが多いものです。

とはいっても、社会は変化するものです。
転職せざるを得ない状況というのはわかります。
人間関係も良いところばかりではありません。
この辺りはやはり難しいところです。

運もあります。
時間が解決してくれる場合もあれば、
何らかのあなたの働き掛けで職場も改善されるかも知れません。
賃金が低いことが理由ならば
その旨を上司に思い切って告げるのも1つの方法です。

基本的には転職というのは最終手段であって、
それまでには職場の改善というものを
あなた自身が行っていることが基本です。

職場を良くするというのは、
誰しもそこで働いているものがすることであって、
職場のルールもすべては、
ある程度長く勤務したならば改善を声を大にして掲げるのも1つの方法です。

転職ばかりが良い方向に向かうべきものでもありません。
その点は転職する際に今一度見直すべき点でもあります。

転職は決意がいることですが、
迷いと決意を混同しないようにして
覚悟と決意があるきちんとした転職をしましょう。

 

Written by tkazuya0401

2月 20th, 2012 at 6:01 pm

自分で仕事を探す

without comments

これは個人的な私の体験なのですが、
私は特に看護の仕事をしているものでもないのですが、
私は仕事を探す時には、
自分が気になった会社の人事担当の方に
電話かメールで求人の有無が現在ないか問い合わせたものです。
その時にはほとんどの会社の人事の方はご親切に返答を下さいました。

求人がないところは
もちろん求人はないとの連絡がありましたし、
求人があった場合には
各部署の求人の有無などの人数などを連絡くださいました。

その時は、私の希望とは合致しなかったものですから、
その時の会社の方とは今はお付き合いはないのですが、
このように自分の活動によって
仕事を探すという手もあります。
求人情報に掲載されているばかりが求人でもないというところです。

この辺りはなかなか難しいところですが、
自分が希望する病院があった場合で、
求人情報がハローワークやその他の求人誌に見つからない場合には
直接病院に問い合わせると良いのだろうと思います。

折角転職するのですから
やはり希望の職業と病院で仕事をしたいものです。

気に入った病院の求人がない場合には、
やはり自分で探します。
これはちょっと手間になりますが、
せっかく転職するのです。
音遊人ばかりの希望に従わずに、
あなた自身の希望を一生懸命叶えて行く努力と行動も怠れません。

 

Written by tkazuya0401

2月 19th, 2012 at 6:00 pm

段取りでしっかりとした転職を

without comments

看護の仕事も転職するというのは、
その人自身の決断であることです。

やはり賃金が低かったり、
職場の環境が良くなかったり、
人間関係で上手になじめなかったりした場合には
転職する以外にはありません。

とはいってもすぐに辞めてしまうのではなくて、
数年、あるいは十数年働いて自分に力を付けてから
辞めるのが良いと思います。

転職はある意味ではスキルアップの面もあります。
看護の仕事の転職の実際がどのように評価を受けるのかは、
その職場にもより、
スキルにもよるのでしょうが、
必ずマイナス面ばかりでもないと思うのです。

つまりは、転職する際には、
転職する動機などなどをしっかりと固めて、
将来も見据えて、安定した転職をするのが良いのだろうと思います。

安定した転職というのは、
「仕事が見つからないかも知れない・・・」という不安を抱えずに、
しっかりと次の職場を見つけてから辞める、
あるいは、それなりの段取りを立てておいて
失敗のない転職をするのが良いです。

看護の仕事でも、
あなた自身のためになる良い転職をするのが良いのだろうと思います。
看護の仕事は人の命に係わる大切な仕事であり、
大変な仕事でもありますが、
頑張って貰いたいものです。

 

Written by tkazuya0401

2月 18th, 2012 at 6:00 pm

折角なら資格を取得してから

without comments

看護の仕事は大変でありながらも人気の職業でもあります。
女子小学生の付きたい仕事の第四位が看護師です。
これが高校生になると第三位になります。

定番的に人気の職業が看護師と学校の先生です。
学校の先生というのは、保育園・幼稚園の先生です。
もちろん学校の先生も含まれています。

いずれにしても、上位に看護師はランキングしている職業です。
この看護師というのは資格があります。
それが「看護師」です。

その他にも看護職に就く場合の資格はいくつかあります。
例えば助産師、保健師も看護の仕事で、
「看護職」と呼ばれるものです。

こうした仕事は全国どこにでも仕事があり、
こうした資格を有していると一生の資格として社会的に認められています。

そうした意味でも転職は決してマイナスなものでもありません。
キャリアアップもありますし、
30代くらいでUターンして仕事を探す場合には
専門職として認められるようです。

もちろん景気や運などもありますから
一概にすべての転職が上手くいくとは言えません。
しかし比較的資格を持っているメリットというものはあるはずです。

転職を考えている場合には、
資格を有して、
スキルをあげてから行う方が成功する確率も上がるのだろうと思います。

 

Written by tkazuya0401

2月 17th, 2012 at 6:00 pm

履歴書などはサクッと作成する

without comments

看護の転職に限りませんが、
転職をする際にはなかなかすることがたくさんあります。

ここでは転職の手順を一般的に通用するような形でご紹介しましたが、
その手順に従って準備すること、
用意するものなどがあるのです。

例えば、履歴書です。
履歴書が自宅になければ買ってこなければなりません。
履歴書にもいくつかの種類があります。
現在では職務経歴書を同封する場合が殆どです。

職務経歴書も履歴書の用紙に含まれています。
これもちょっと各販売もので項目が異なっているものですから、
自分がアピールできる形式の履歴書を選ぶのが良いでしょう。

これはどうでもいいようですが、
自分で何となくアピールの形式が決まっている場合には、
その形式があっていない場合には
ことなった履歴書の形式だと書きにくいものです。

例えば、あなたが仕事以外の趣味で
あなた自身を相手に伝えられるならば
趣味や特技の欄が比較的大きなものを使うなどの工夫をするのが良いのだろうと思います。

根本的には、
履歴書はあなた自身を相手に伝えるのが目的です。
履歴書に同封する職務経歴書も同様です。

こうしたものの作成は一見厄介ですが、
頭を整理して、
サクッと書いてしまいましょう。
あまり悩まないのがベストです。

 

Written by tkazuya0401

2月 16th, 2012 at 5:59 pm